【雨漏り】雨漏りは保険が適用できるのか?

yjimage1

家の雨漏りが起きると修理をしないといけませんが、原因によっては修繕費用が
高くつくものもあります。
数万円から数十万円で済むものもありますが、中には数百万円に及ぶこともあります。
そんな多額の出費となると、簡単には出せないという人も多いはず。

ですが、雨漏りの修理に保険が適用できるケースもあります。

保険というのは火災保険です。

通常の経年劣化の場合は無理ですが、例えば、突風や台風、雪やヒョウが原因の場合、
火災保険が適用できるかもしれないのです。
火災保険というのは火事だけが対象になっていると思っているかもしれませんが、それ以外の風、雪、水害など住宅に対してダメージを与える事象に対して補償をする住宅総合保険となっている
ケースが多いのです。

もし、現在、火災保険に加入している人は補償内容をよく確認してみましょう。
原因がこれらの災害と認められるなら、火災保険の対象となります。

実際、火災保険の保険金が適用されたケースも多いのです。

一見すると単なる経年劣化と思われるものでも、実は風などが原因となっていたりすることも
あるので、あきらめずに保険が適用できないか考えてみるべきです。
こうやってみると火災保険は結構、利用範囲が広い保険だということが理解できるでしょう。

t4