【屋根工事】雨漏り原因となる屋根の不具合

yjimage5mdviuba

梅雨や台風来襲時など雨が降り注ぐときに家の中にいれば安心です。

ですが、もし、家の中が雨漏りするようだと大変です。
水の侵入で家財道具が被害を受けるだけでなく、家本体もダメージを受けるので、できれば
避けたいところです。

では、実際、雨漏り原因としてはどのようなものがあるのでしょうか?
瓦屋根の場合、瓦が割れていたり、ズレていると当然、雨漏りの原因となります。

瓦の接着や、瓦と瓦の間の目地を埋めるのに使われる漆喰が崩れることで雨が染み込むことも
よく見られます。
スレートの場合もスレートにひび割れが生じていたり、スレートが浮いていたりすることで
雨漏りがすることがあります。

こうした屋根の部分の破損や不具合が最も典型的な雨漏りの原因と言えるでしょう。
屋根は常に風雨にさらされる部分ですから、傷みやすいのも仕方がありません。

特に大きな原因が無くても、いわゆる経年劣化により問題が起きることも多いのです。
例えば、漆喰が雨水により徐々に削られていき、ついには水が内部に浸透するようになる
ケースがそうです。

水の力はバカにはできないのです。
いずれにしても、雨漏りを防ぐためにも屋根部分はメンテナンスを必要とすることは理解して
おきましょう。

t4